異業種企業ポータルサイト

異業種企業ポータルサイト
企業PR広告
■該当件数1件中<1 〜 1を表示> 1

整骨院での斜角筋症候群(胸郭出口症候群)


胸郭出口症候群とは…

 腕の痛みやしびれ、肩凝り、手の冷感、などの頚から腕や手に様々な症状が出現する疾患です。腕を上げたとき(吊革につかまったとき)、コンピューターを長く行う動作などに特に症状が悪化したりします。20歳から30歳ぐらいのなで肩の女性に多い症状です。原因としては頚部と腕の付根に位置する 部分、ここは上肢に分布する神経(腕神経叢)や血管(鎖骨下動脈)が流れています。その神経や血管は斜角筋(前斜角筋・中斜角筋)や小胸筋といった筋肉に挟まれながら存在しています。そのため斜角筋や小胸筋が緊張してしまうと、これらの神経と血管を圧迫してしまい腕がしびれたり、手の血流が悪くなって冷たくなったりするのです。鎖骨下動脈が圧迫されて血行障害がおこると、腕・手指が冷たくなったり、チアノーゼがおこって紫色になったりします。また腕神経叢が圧迫されると、痛みや痺れ、感覚異常、発汗異常など様々な症状が生じます。その障害される部位によってさらに細かく、斜角筋症候群、肋鎖症候群、過外転症候群に分類されます。

胸郭出口症候群の分類

◆ 斜角筋症候群
 前斜角筋と中斜角筋の間の神経が圧迫される病気です。原因には、頚肋と呼ばれる肋骨様の骨が、もともと前斜角筋と中斜角筋の隙間は狭いのですが、体の疲労や姿勢の変化、筋肉の肥大や痙攀、などが関与して血管や神経を圧迫することもあります。手の薬指、小指に知覚異常や痛みが発症し握力も弱くなります。30代の、なで肩の女性に多い病気で、長く肩を下げていると症状が悪化します。
◆ 肋鎖症候群
 鎖骨と肋骨の隙間で、血管や神経が圧迫された時におこり、指先に軽い知覚障害とチアノーゼを起こします。疲労・姿勢などの変化で、肩が下がると発病しやすいようです。
◆ 過外転症候群
 胸の前面にある小胸筋という筋の下や、第1肋骨と鎖骨の間で、神経や血管が圧迫されるとおこり、指先に血行障害、知覚障害がおこります。万歳をするように腕を上げる(強く外転する)と圧迫が強まります。壁を塗る作業などのように、腕を頭より上げた状態を、しばらく続けた時などに発病しやすいと言われています。
 腕が痺れる、痛いと言った症状はこれらの他に五十肩や頚椎椎間板ヘルニアなど様々な病態があります。発症状況、痛みの状態などの問診、視診、触診、検査などを行い、どこに問題があるかを絞り込み治療することが重要となります。
 
胸郭出口症候群を改善する方法

なで肩、筋緊張と言った、最初の方に書いた胸郭出口症候群の原因は、ほとんど全て肩を前方へ巻き込んでしまう、猫背によるものです。 ですので、猫背を改善出来る様になれば、血管、神経の通り道がしっかりと確保できるようになるのです。

当然ですが原因2に当てはまったものがある場合は、まずそれを治療する必要もあります。 実際の胸郭出口症候群の患者様は、様々な状態が複雑に組み合って起こっている場合がほとんどです。 例えば四十・五十肩、過度なストレス、疲労が溜まっている、職業性ジストニア、運動不足なども同時に起こっているという事です。

そうしたことも加味して治療をして、ようやく改善されるケースも全く少なくありません。 姿勢を正すなど、生活習慣を改善することが何よりも大切になります。
斜角筋症候群胸郭出口症候群